2022年12月JLPT N1 真题在线答题

日语能力考在线答题网站 JPNIHON.COM
点击听解5-拉到最底下点击交卷可以显示全部答案

听力音频登录后可见

0%
2 人评分, 5 星
327
创建于 问题管理员 mura的头像-日本!日本语mura

JLPT

2022年12月N1



2

0

2

2

1

2

N

1

1 / 96

类别: N1-2022-12

チームの新しい監督が決まった。

2 / 96

类别: N1-2022-12

これは、外国語から派生した言葉です。

3 / 96

类别: N1-2022-12

文字が透けている。

4 / 96

类别: N1-2022-12

この村は湖の恩恵を受けている。

5 / 96

类别: N1-2022-12

厳しい練習に臨む選手たちの姿を目にした。

6 / 96

类别: N1-2022-12

調査データは、地球の温暖化を如実に示した。

7 / 96

类别: N1-2022-12

被害者について報道するときは、仮名を用いてプライバシーを( ☆ )している。

8 / 96

类别: N1-2022-12

この模型は、実際にあった建物を20分の1の大きさで( ☆ )再現した物だ。

9 / 96

类别: N1-2022-12

川の水が澄んでいてきれいだったので、両手で( ☆ )、顔を洗った。

10 / 96

类别: N1-2022-12

一生懸命働いて、ついに( ☆ )のマイホームを手に入れた。

11 / 96

类别: N1-2022-12

きれいな写真を撮るためには、まずカメラの( ☆ )を合わせることが大切です。

12 / 96

类别: N1-2022-12

全国大会は初出場だったが、厳しい試合を勝ち抜いて何とか上位に( ☆ )

13 / 96

类别: N1-2022-12

道案内をしてくれたので、( ☆ )地元の人かと思ったら、実は観光客だった。

14 / 96

类别: N1-2022-12

必要な資金を調達した

15 / 96

类别: N1-2022-12

山田さんは温和な性格だ

16 / 96

类别: N1-2022-12

おすすめのスポットを教えてください。

17 / 96

类别: N1-2022-12

各国のチームの実力は拮抗している。

18 / 96

类别: N1-2022-12

住民からの風当たりが相当なものだった。

19 / 96

类别: N1-2022-12

カメラは子供たちのあどけない表情を捉えていた。

20 / 96

类别: N1-2022-12

出荷

21 / 96

类别: N1-2022-12

譲る

22 / 96

类别: N1-2022-12

底力

23 / 96

类别: N1-2022-12

絶大

24 / 96

类别: N1-2022-12

手痛い

25 / 96

类别: N1-2022-12

誘致

26 / 96

类别: N1-2022-12

このレストランのシェフはまだ20代だが、著名な料理評論家( ☆ )満足させる腕の持ち主であると、テレビや雑誌で評判になっている。

27 / 96

类别: N1-2022-12

はっきりと覚えていないが、この町には( ☆ )来たことがある。

28 / 96

类别: N1-2022-12

(ホームページで)
体育館は老朽化のため、本年3月15日( ☆ )閉館しました。長年のご利用、ありがとうございました。

29 / 96

类别: N1-2022-12

高校に入学して、特に入りたいクラブもなかったので、友人に( ☆ )、テニス部に入った。

30 / 96

类别: N1-2022-12

(ホームページで)
当店では、商品に欠陥がある( ☆ )、返品及び交換はお受けできませんので、あらかじめご了承ください。

31 / 96

类别: N1-2022-12

(取引先へのメールで)
来週の打ち合わせの資料をお送りします。お忙しいとは( ☆ )が、ご確認いただければ幸いです。

32 / 96

类别: N1-2022-12

学生時代はずっとサッカーをしていたのだが、社会人に( ☆ )、運動する機会がすっかり減ってしまった。

33 / 96

类别: N1-2022-12

自転車の鍵が見当たらないと思ったら、昨日はいていたズボンのポケットに( ☆ )

34 / 96

类别: N1-2022-12

A「ねえねえ、北市にできた動物園、いったんでしょう?あそこ、相当広いらしいね」
B「( ☆ )、1日じゃ全部回れなかったよ」

35 / 96

类别: N1-2022-12

私は昔からバイクが大好きだ。小さい頃は、よく父のバイクの後ろに( ☆ )

36 / 96

类别: N1-2022-12

秋の初めてのこの時期は、真夏戻った     ★         、気温の差が大きくて体調を崩しやすいので、注意が必要だ。

37 / 96

类别: N1-2022-12

歴史的価値が高いとされる旧白本小学校の校舎を始めて見たが、とても         ★     驚いた。

38 / 96

类别: N1-2022-12

くしゃみや鼻水といった症状が現れる花粉症は、風邪と         ★     ケースもあるそうだ。

39 / 96

类别: N1-2022-12

高校卒業後の進路について両親に反対されたが、誰に何と         ★     思う。

40 / 96

类别: N1-2022-12

企業の海外進出が成功するかどうかは、         ★     といってもいいだろう。

41 / 96

类别: N1-2022-12


プリプリ海老

昔に比べてレストランのメニューに修飾語が増えたと感じる。「プリプリ海老の00パスタ」「とろ?りチーズ人りのハンバーグ」「XX県産のやわらか若鶏の△△」といった感じだ。付加価値や希少価値をアピールして、商品の差別化を図りたいのだろう。

これらの修飾語は41食欲を刺激し期待感を高める。でもよくよく考えると、差別化の中身は実にあいまいだ。プリプリ海老の定義は?チーズはみな、とろ?りするのでは?XX県産が品質保証になるのか?

実質的な中身を伴った新商品の開発が困難になっていく高度消費社会では、見せかけの新しさで消費を刺激しようとする傾向が強まる。商品のパッケージを新しくしたり、商品名の変更が頻繁に行われたりするのも42。消費社会とは、商品の差別化戦略によって中身の空虚な(注1)ネーミング(注2)が氾濫し、消費者がそれに踊らされる世界ではないのか。

そのような社会は、私たちの言語感覚43変えてしまう可能性がある。商品の差別化競争に終わりがないなら、修飾語こそが肝要になる。つまり、修飾語を伴った呼称がデフォルト(注3)となり、裸の名詞が空虚に感じられるようになるかもしれない。

何十年かすれば、生物としての海老という記号は空洞化して、おいしそうな食材としての修飾語が不可欠な要素となり、「海老」は「プリプリ海老」、「海老のチリソース」は「プリプリ海老のチリソース」と呼ばれているのだろうか。

私たちは、増殖する見せかけの新しさに囲まれながら、空虚な記号と戯れ続ける(注4)しかないのか?メニューに並ぶ修飾語は、消費社会の遠い来来からの44

(注1)空虚な:実質的な意味がない
(注2)ネーミング:名前を付けること
(注3)デフォルト:標準
(注4)戯れ続ける:ここでは、付き合い続ける

41.

42 / 96

类别: N1-2022-12

42.

43 / 96

类别: N1-2022-12

43.

44 / 96

类别: N1-2022-12

44.

45 / 96

类别: N1-2022-12

(1)

「嫌い」はネガティブな(注)感情で、まさに嫌悪感をもってしまいがちですが、自分の中に芽生えてきた大切な感情であり、大事な機能でもあります、何よリ根絶できません。

「嫌い」はとてもパワーを必要とする感情ですから、それだけに反動も大きい。振り回されないための第一歩は、嫌いを認めることです。ネガティブな感情でも、もつことは自然なことであり、生きる上でメリッ卜になる、そして周囲の人にもメリットがあると捉えてみてください。

(注)ネガティブな:否定的


45.「嫌い」の感情について、筆者の考えに合うのはどれか。

46 / 96

类别: N1-2022-12

(2)

安く売るべきか、品質にこだわるべきか。事はそんなに単純ではない。どんなに良い商品であったとしても、できるだけ価格を抑えるための努力は必要だ。品質にこだわる戦略というのは、品質さえ良ければどんなに高くても買ってもらえるという短絡的な戦略ではない。

できるだけ価格を抑える努力はしているけれども、それでも品質にこだわるとこれ以上は安くできない。他社の商品よりも高いのだけれども、それだけの価値はある。だからその差額を許容してほしい。そう訴えることが、品質にこだわった正しい戦略である。


46.品質にこだわる戦略とは、どういうことか。

47 / 96

类别: N1-2022-12

(3)

時には、自らに「素朴な質問」を投げかけてみてはどうだろうか。子どもが親に尋ねるような「素朴な質問」というものは、意外にも人生や生きることの本質にかかわることであり、人生論や哲学の課題であることが少なくない。そうした質間を真正面から投げかけられたとき、はっと何か気づかされるところがあって、自分の日常を反省するような反応を示さないとしたら、その人の感性は相当に(注)枯れていると考えたほうがよい。

(注)相当に:かなり


47.筆者が言いたいことは何か。

48 / 96

类别: N1-2022-12

(4)

科学とは、知れば知るほどわからないことが增えてくるものである。自分は何も知らなかったと思い知らされるのが科学者の日常と言える。つまり、科学者は研究を極めれば極めるほど謙虚になる。自分の無知さを知って謙虚にならざるを得ないのだ。その観点から言えば、知ったかぶりをする(注)科学者はもはや研究をストップしており、それまでに得た知護を誇っているに過ぎないと言ぅことができる。もはや過去の人であリ、その知識は時代遲れになっている可能性が高いのだ。

(注)知ったかぶりをする:知っているふりをする


48.筆者の考えに合うのはどれか

49 / 96

类别: N1-2022-12

(1)

ともすると私たち大人は、自分たちの子ども時代の遊びはよくて、今の子どもの遊びは好ましくないと考えがちです。(中略)

今はダメで昔はよかったというような感覚をもって、今の子どもの遊びについて考えると、とんでもないことになります。子どもたちが嬉々として(注)遊んでいるものを取り上げて、今の時代ではおもしろくないような遊びを、無理に押しつけることになってしまいます。そうなると遊びが遊びでなくなってしまいかねません。

また、私たちが考える好ましい遊び環境となると、なぜかとても整理された空間になりがちです。たとえば画一化された公園を見ると、厶ダーつなく機能を重視したオフィスを連想させさえします。限られたスぺースで、しかも安全性や管理の問題を考えればそうならざるをえないのかもしれませんが、それでは子どもが遊びたいと思わなくなるのです。

子どもたちの遊び空間には、もしかしたら不自由さや不便さ、大人がムダだと思えるようなものも必要かもしれません。配慮の行き届きすぎた場所は、遊園地という商業施設は別として、子どもたちが自由に遊べる環境としては好ましくないのではないでしょうか。

子どもたちの遊び環境について考えるときに大切なのは、私たち大人の側にあるそのような先入観です。自分は子どものころにこんな遊びをした。今の子どもはそれをしていない。だから今の子どもは遊んでいない。こんな単純な考え方では、決して子どものためになる遊び環境など考えることはできません。

(注)嬉々として:喜んで


49.とんでもないことになりますとあるが、どうなるのか

50 / 96

类别: N1-2022-12

50.筆者が言いたいことは何か

51 / 96

类别: N1-2022-12

(2)

私たち人間は、いろいろなものを食べる雑食性動物です。それに対し、基本的にパンダはササだけを食べ、コアラ(注丨)はユーカリの葉だけを食べます。動物の生き残り戦略を考えると、雑食性動物の方が、慣れ親しんだ食べものが入手困難な状況になったとしても、それ以外の食べられるものへと嗜好をシフトすることによって飢餓を脱し、生存する確率を高めることができます。雑食性動物は環境適応性に優れた生きものといえます。

しかしその一方で、新たに見つけ出した食べものが毒性をもっていたり、栄養バランスが悪いものであれば、健康を損ね、最悪死に至る可能性があります。そのため、雑食性動物は、新しい食べものを食べるときには、必ずそのリスクと対峙(注2)しなければなりません。

すなわち雑食性動物は、食べたことのないものを食べるのを躊躇する「食物新奇性恐怖」と、積極的に食べようとする「食物新奇性嗜好」という相矛盾(注3)する行動傾向を、生まれながらに合わせもっているといえます。(中略)

雑食性動物がもつ食べものの新奇性恐布と新奇性嗜好のジレンマを解消してきたもののひとつが、人の「調理」という行為です。食べたことのない食材、たとえば昆虫をそのままの”原型”で出されると、拒否感を抱く人が多いですが、粉にしてチップスなど、見慣れたお菓子のかたちで提供されれば、食べる人は確実に増えます。さらに慣れ親しんだ調味料で味付けしたものなどであれば、「あっ、意外とおいしい」と妤評価を得るかもしれません。この調理という操作が、新奇なものを食べるという恐怖を緩和させるのに一役(注4)買っています。

(注1)コアラ:動物の一種
(注2)対峙する:ここでは、向き合う
(注3)相~:互いに~
(注4)一役買う:ここでは、役立つ


51.筆者によると、雑食性動物の特徴は何か。

52 / 96

类别: N1-2022-12

52.筆者によると、調理することでどうなるか。

53 / 96

类别: N1-2022-12

(3)

私は、自分の研究をおもしろいと思えるのと同じ程度に、他人の研究をおもしろいと思えるかどうかが、研究者に向いているか否かの判断の基準であると思っている。いくらいいデータを出す人であっても、他人のデータを自分の仕事と同じだけの熱量を持っておもしろがれなければ、研究者としてははっきり不向きであると思わざるを得ない。学者としては失格であろう。

これがもっとも端的にあらわれるのが、研究発表の際に見られる質問の量である。

(中略)

発表された内容を、当事者として自分ならこういうアイデアで実験をし、結果をこう解釈することもできる、明確な結論を得るためにはこの部分に不備があリ、次にはこんな実験を計画すれば、もっとはっきりした結論に到達することができるのではないか、などなど、考え始めれば、おのずから尋ねたいことは次から次へ出てくるはずなのである。

私はこれを「能動的に聞く」と言っている。人の話は、能動的に聞いてこそ、自らの身につくものである。話された内容をただひたすら覚えようとしたり、吸収しようとしているだけでは、却ってその知識は自分のものとならない。

「能動的に聞く」とは、話された内容を、自らのこれまての知の体系のなかに位置づけることであリ、位置づけるためには、聞きつつ常に自分の知の体系を確認し、照合する作業を伴うはずである。外部からインプットされてくる内容と、既存の自らの知識の箱とのあいだに軋轢が生じるのは当然であり、その軋轢こそが質間を促す力になる筈なのだ。


53.筆者によると、研究者として不向きな人とはどのような人か。

54 / 96

类别: N1-2022-12

54.筆者によると、どのようにすれば質間の量が増えるか

55 / 96

类别: N1-2022-12

(4)

企業Aと企業巳があり、ある契約をそのどちらと取り交わすべきか考えるときに、A社は資本金1000万円、巳社は資本金1億円であるという情報は、おそらく重要な情報の一つであると想定されるが、すべてではない。従業員数、年商(注)、営業継続年数、支社数?支店数、などなどのうちから、意思決定者が、意思決定の方針に基づいて重要な情報を取捨選択しなければならないだろう。そのとき、ことさらにいくつかの情報に力点を置く報告書があげられたときに、意思決定者(経営者)はそこに存在する「意図」を充分に嗅ぎ取らなくてはならない。つまり、汚染されている可能性があるということである。ここで、報告された情報がすべて確実な事実であったとしても汚染は生じている可能性があるという点に注意が必要である。

したがって、情報汚染とは、ある情報に、本来想定しているもの以外の何かが付随していて、それによってその情報の理解が歪むことをいう。その何かとは、その情報をもたらした側の意図である。この世界に「データのみで構成されていて、そこに意図の混入が認められない」という意味での無色透明な情報など存在しない。どのような情報であっても、意図という色で染められている。そして、重要なのはそれが必ずしも汚染ではないという点である。意図が混入するのは当然のことであり、すべての情報には意図が混入しているのであるから、それだけでもってそれを汚染とまでは呼べない。それが汚染となるのは、その情報に含まれる「意図」によって、その情報の本質部分である「データ」の理解が歪められるからである。

(注)年商:一年間の売り上げ額


55.「意図」を充分に嗅ぎ取らなくてはならないとあるが、なぜか。

56 / 96

类别: N1-2022-12

56.情報の汚染について、筆者はどのように述べているか。

57 / 96

类别: N1-2022-12


以下は、森林を守るボランティア活軌をしている人が書いた文章である。

世界的に森林や自然の維持、復元に対する関心が高まってきたとき、この気運(注1)を支えた初期の理論は、人間中心主義的な森林・自然維持論、つまり人間の生存や未来にとって森林や自然の維持は不可欠であるという理論であった。いわばそれは、人間のための森林・自然維持論であった。ところが、この考え方は、たちまち暗礁に乗り上げる(注2)。

第一に、人間のための森林・自然維持論であるかぎり、人間のための森林・自然の開発論を否定できなくなる。なぜなら、どちらも「人間のための」という共通の基盤の上にたっている以上、その違いは価値観の違いにすぎず、人間の価値観を統一することなどできないばかりでなぐすべきでもないからである。

第二に、「人間のための」といっても、その内容はさまざまである。農山村に暮らす人びとと都市の市民とでは、その感じ方は同じではないし、たとえば同じ山村に暮らす者でも、林業経営をしている者とそうでない者とでは、考え方が異なってくる。人と森の関係は多様である以上、どうすることが人間のための森林・自然の維持なのかと問われれば、その答えはさまざまである。

第三に、「人間のための」という発想にたつかぎり、「人間のためにならない」自然は破壊してもよいということになりかねない。

こうした問題点があったために、「人間のための論」は、つまり人間中心的な森林・自然維持論は、たちまち破綻してしまった。自然保護思想の流れをみるなら、それに代わって生まれた理論は、自然中心主義的な考え方であった。それは、人間のためになろうとも、ならなかったとしても、自然はそれ自身のうちに生存権をもっており、その生存権は保障されなければならないというものであった。

ところが、この考え方にも問題点があった。なぜならこの理論では、原生林や原生的な自然を維持する理論としては有効でも、たとえば日本のような、長い歴史のなかで自然と人間とが相互に影響を与えながら、それぞれが暮らしてきた地域の森林・自然の問題をよく説明できないからである。

一例をあげれば、かつて農山村の人びとは、自分たちの暮らしを守るために、人家の近くに里山天然林をつぐりだした。それは、徹底的に人間の手を加えた天然林である。(中略)

森林ボランティアとは、自発的に森の中で仕事をする人びとである。そうである以上、私たちは、人間中心主義的な立場にたっことも、自然中心的な立場にたつこともできない。

とすれば、どうすればよいのだろうか。この間いに対して、私たちは、森林・自然と人間の関係を持続的に維持していくことこそが重要だと考える。単純に人間の来来を守ることでも、森を守ることでもない。森林と人間の関係を維持することによって、森と人とが相互的な依存関係をもっている日本の森と人の営みを守っていくことである。

(注1)気運:ここでは、意識の高まり
(注2)暗礁に乗り上げる:ここでは、進められなくなる


57.「人間のための論」の問題点として、筆者の考えに合うのはどれか。

58 / 96

类别: N1-2022-12

58.筆者によると、日本に関して、自然中心主義的な考え方が問題なのはなぜか。

59 / 96

类别: N1-2022-12

59.筆者によると、森林ボランティアの役割とは何か。

60 / 96

类别: N1-2022-12

A

勉強やスポーツなど何かに取り組んでいる時にスランプはつきもの(注)だ。いつもどおりしているのに、全く成果が上がらない。そんな時間が続くと、自分には能力が足りないのではないか、これ以上は上達しないのではないかと自信を失ってしまう。

しかし、スランプとは一時的に調子が悪くなっている状態にすぎない。誰にでも調子の良い時と悪い時があり、それは波のようにやってくる。悪い時にはそれを乗り越えようともがくのではなぐ波に身を任せるようにするといい。現状をすなおに受け止め、これまでと同じことをやり続けるのだ。そうして自然に波を乗り越えれば、またやる気も自信も戻ってくる。そうすれば、自然に次にやるべきことも見えてくるものだ。


B

スランプの状態になると、調子が良かった過去と比べてしまいます。だから、その差にショックを受けてしまって、自信を無くしてしまうわけですね。調子の波があることは普通なので、良い時と比べるのは止めましよう。

それよりも、今に集中することの方が大切です。今の自分を受け入れて、「これからどうするべきか」ということを考えてください。こういう考え方ができれば、前伺きに物事を捉えることができるはずです。

いつまでも過去に捉われている人は、後悔や焦りといった感情しか出てきません。しかし、今を見ている人だと、「どうすればいいか」という生産的な考え方ができるわけですね。

(注)つきもの:当然あるもの

60.スランプの時に落ち込んでしまう原因について、Aと巳はどのように述べているか。

61 / 96

类别: N1-2022-12

61.AとBは、スランプの時はどのようにするのがいいと述べているか。

62 / 96

类别: N1-2022-12


以下は、十代の若者に向けて書かれた文章である。

だれでも、自分が自分であることを望み、個性的であろうと願っている。そしてその一方では、自分が他のみんなと違った、自分であることを恐れている。

本当は、「個性的」であろうと思って、個性的になれるものでもない。それはたいてい、「個性的」といわれる一つの型に、自分をあてはめていることだったりする。人間にとっては、「個性的であれ」などと言われても、どうしてよいかわからないものであって、「個性的」とよばれる型を持ったほうが楽なのだ。しかしそれは、本当に個性的なわけではない。

それでも、青年期に向けて、個性的であろうと試みることは、よいことだ。かりにそれが、一つの型にすぎなくても、あるいは、個性的であろうとして挫折しり、個「生的であることから逃避することも含めて、自分にとって個性とはと、考えるのはよいことだ。それは、自分が自分であることの、あかしでもある。

そこでは、ときに悩むことがあったり、どうしたら個性的な人間になれるかと、模索することもあるかもしれない。それはじつは、「個性的」であること以上に、自分というものを意識していぐ一つの過程である。そうした意味では、「個性的」であるかどうかなんて、本当はたいしたことではなくて、自分というものが確立していくことが、大事なこととも言える。

そしてじつは、個性というものは、人間のひとりひとりに備わったもので、その個性がありのままに出ていることが、本当の意味で個性的である。むしろ、本当の自分が出せないから、没個性的にもなるのだ。もちろん、人間はまわりの社会を気にするものであって、自分をよそおうことも含めてしか、社会のなかで存在できない。無理につっぱって、自分のよそおいを捨てようとしても、捨てきれるものではない。そうした、社会とのかかわりも含めて、自分というものはある。

たいていの場合、つっぱったり、いじけたりしていては、自分の個性は発揮できない。つっぱるまいとするのが一種のつっぱりだったり、いじけまいとしてそのことにいじけたり、なんてことまで問題にしだすと、ちよっと言葉の遊びみたいになるが、ま、そうしたことまで含めて、気楽に自分であるようにしなくては、本当の意味で個性的にはなれないものだ。

そして、ありのままの自分を出すことへの不安が、「個性的」を一つの型にしたり、あるいはそうした型から逃れる道へ向かわせたリもする。

それでも結局、自分とはありのままの自分しかない。それを自覚したとき、きみは個性的なきみになる。

62.よいことだとあるが、なぜか。

63 / 96

类别: N1-2022-12

63.個性について、筆者はどのように考えているか。

64 / 96

类别: N1-2022-12

64.筆者が最も言いたいことは何か。

65 / 96

类别: N1-2022-12

图片[1]-2022年12月JLPT N1 真题在线答题-日本!日本语

65.次の4人は、星川大学の大学院に在学中で、以下の研究活動を行いたいと思っている。「グローバル研究活動助成」に応募できるのは誰か。

图片[2]-2022年12月JLPT N1 真题在线答题-日本!日本语

66 / 96

类别: N1-2022-12

66.応募に関して、留意しなければならないことは何か。

67 / 96

类别: N1-2022-12

1番

68 / 96

类别: N1-2022-12

2番

69 / 96

类别: N1-2022-12

3番

70 / 96

类别: N1-2022-12

4番

71 / 96

类别: N1-2022-12

5番

72 / 96

类别: N1-2022-12

1番

73 / 96

类别: N1-2022-12

2番

74 / 96

类别: N1-2022-12

3番

75 / 96

类别: N1-2022-12

4番

76 / 96

类别: N1-2022-12

5番

77 / 96

类别: N1-2022-12

6番

78 / 96

类别: N1-2022-12

1番

79 / 96

类别: N1-2022-12

2番

80 / 96

类别: N1-2022-12

3番

81 / 96

类别: N1-2022-12

4番

82 / 96

类别: N1-2022-12

5番

83 / 96

类别: N1-2022-12

1番

84 / 96

类别: N1-2022-12

2番

85 / 96

类别: N1-2022-12

3番

86 / 96

类别: N1-2022-12

4番

87 / 96

类别: N1-2022-12

5番

88 / 96

类别: N1-2022-12

6番

89 / 96

类别: N1-2022-12

7番

90 / 96

类别: N1-2022-12

8番

91 / 96

类别: N1-2022-12

9番

92 / 96

类别: N1-2022-12

10番

93 / 96

类别: N1-2022-12

11番

94 / 96

类别: N1-2022-12

1番

95 / 96

类别: N1-2022-12

2番1

96 / 96

类别: N1-2022-12

2番2

您的分数是

平均得分为 45%

0%

请点击星星对测验进行评分

bilibili求一件三连

1 2

THE END
喜欢就支持一下mura吧
点赞63赞赏 分享
评论 共32条

请登录后发表评论