【JLPT N2】文法・例文:〜かねる

意味

“〜できない”
不可能を表し、硬い表現なのでビジネスで使われる場合が多い。

「かねる」は「~しようとしてもできない」、「〜するのが難しくできない」という気持ちが含まれており、婉曲的に断るときに使われる。

接続

V(ます形)ます + かねる

例文

・私は責任者ではございませんので、その質問にはお答えしかねます。

・B社の提案ですが、私個人としては賛成致しかねます。

・自分の希望する大学と親の希望する大学が違うので、どの大学を受験するか決めかねている。

・あまりにも日本語ができないジョンさんに見かねた校長は彼をもう一度、初級から勉強させることにした。

・仕事の忙しさに耐えかねた彼は半年も経たないうちに会社を辞めてしまった。

・上司の提案に納得しかねる部分があったが、我々は受け入れざるを得なかった。

誤用例

能力的できない場合は使えないので、次のような文は言えません。

❌ 私は中国語を話かねます。
❌ 人は空を飛びかねます。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41